帽子は正しく着用しよう

普段かぶる帽子はファッションとしてだけでなく、ハゲの予防にも効果的なアイテムとして知られています。

特に有効なのは、年中降り注ぐ紫外線の予防です。紫外線は髪だけでなく、頭皮にもダメージを与える天敵で、長時間紫外線を浴びるとキューティクルが傷んだり、頭皮に炎症を起こしたりする要因になります。

特に4~8月は1年の中で最も紫外線が強く、無防備に頭皮や髪をさらしていると秋口に髪がパサついたり、頭皮にかゆみを感じやすくなります。

そのため、春から夏にかけては紫外線をカットする帽子をかぶり、髪や頭皮へのダメージを軽減させることが大切です。

ただ、帽子を着用する際は、いくつかのポイントに注意しないとかえってハゲを悪化させるおそれがあります。

まず1つ目のポイントは頭皮のムレです。帽子を着用していると、どうしても頭皮に汗をかきやすくなり、帽子内部が蒸れてしまいます。

湿度が高くなると雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮に炎症が起き、結果的に抜け毛の大きな原因となります。

そして2つ目は、頭部の圧迫です。きつめの帽子をかぶったり、長時間着用したりすると、頭部が圧迫され、血行が悪くなります。

すると毛根に栄養や酸素を運ぶ血液の流れが滞り、抜け毛や切れ毛、枝毛を引きおこしてしまうのです。

そのため、帽子を着用する際は、通気性の良い素材を選ぶこと。また、きつめの帽子は避け、長時間かぶる時はこまめに脱いで汗を拭き取るなど、意識的にケアすることを心がけるようにしましょう。

M-1育毛ミスト
育毛、発毛ランキングサイトで人気! 薄毛で悩みたくない方の強い味方。
www.kami-fusafusa.jp/

ポリピュア
体験者の85%が2ヶ月で育毛を実感 最大35%OFF。全額返金保障
www.529270.com/

ウーマシャンプー
馬油が頭皮を正常化!新しい発想の馬油シャンプー U-MA
www.u-ma.co.jp/