間違ったブラッシング方法に注意

ヘアスタイルを整えるために欠かせないブラッシングですが、誤った方法で行うと、ハゲや薄毛の原因になってしまうことがあります。

たとえばほつれた髪を無理やり引っ張るようにブラッシングしたり、力を入れすぎたりすると、頭皮や毛根が傷ついてしまいます。

特に頭皮が傷つくと、炎症を起こしてかゆみや腫れ、発疹が発生し、やがて抜け毛や薄毛の要因になってしまうので要注意です。

ブラッシングは毎日行うものなので、抜け毛やハゲ症状が気になってきたら、まず自分のブラッシング方法を見直し、正しいやり方をマスターするよう心がけましょう。

ブラシの選び方

正しいブラッシング方法を学ぶ前に、一度現在使っているブラシの素材を見直してみましょう。

まずブラシの目は、細かいものより粗いものの方がおすすめ。静電気が起きにくく、髪も引っかかりにくいので、不必要に髪を傷める心配がありません。

また、ブラシの毛はコシがあり、柔らかめの素材を選びましょう。毛の素材はいろいろありますが、中でも豚毛は適度なコシがあってソフトな使い心地を実感できます。

ちなみにブラシの素材として一般的なナイロン製ですが、静電気が起きやすいのでブラッシングには不向きです。どうしても使いたい場合は、静電気防止の加工がほどこされているものを選びましょう。

正しいブラッシングの方法

ブラッシングの目的は、髪に付着した汚れを落としつつ、髪のからまりをやさしくほぐすことです。

そのため、ブラッシングする時は髪や頭皮を傷つけたりせず、適度な力でやさしく行うことが大切です。

特にロングヘアの人は髪がからまりやすく、髪や毛根に余計な負担がかかりがちなので、ブラッシングする時は毛先から順に始めていくとよいでしょう。

この時、ブラシの毛先を直接頭皮にあてるのはNG。毛先で頭皮を傷めないよう、やや離した状態でていねいにブラッシングします。

ちなみに、ブラッシングは出かける前に行う人が多いのですが、洗髪の前にブラッシングすると、ホコリやゴミをあらかじめ落とすことができ、シャンプー効率がアップします。

M-1育毛ミスト
育毛、発毛ランキングサイトで人気! 薄毛で悩みたくない方の強い味方。
www.kami-fusafusa.jp/

ポリピュア
体験者の85%が2ヶ月で育毛を実感 最大35%OFF。全額返金保障
www.529270.com/

ウーマシャンプー
馬油が頭皮を正常化!新しい発想の馬油シャンプー U-MA
www.u-ma.co.jp/